螺髪(らほつ)ニットキャップはかぶるだけで大仏気分!?お坊さんにも大人気! | あやぴいんふぉ~ネットでお得情報~

螺髪(らほつ)ニットキャップはかぶるだけで大仏気分!?お坊さんにも大人気!

フェリシモで販売されている螺髪(らほつ)ニットキャップが巷でブームです。

仏女(ブツジョ)ってほどではないですが、大学では日本美術史、特に「仏像」が専門だった(彫る方じゃないですよ!鑑賞する方です。)私にはなんとも血が騒ぐアイテムなのです。

大仏の髪型ってぐるぐるのがいっぱいついててパンチパーマみたいになってますが、あのブツブツのを螺髪らほつ)っていいます。そんで、頭の上のお団子みたいのを肉髻(にっけい)っていいます。(漢字がIMEの辞書では出ませんね(^-^;)。)

この螺髪ニットキャップは螺髪と肉髻を忠実にニットで再現!
かぶるだけで気分は大仏になれちゃうニットキャップなのです。

有名YouTuberの瀬戸弘司さんも最近動画でかぶっているんですよ~!
(次男がめっちゃ見てるので、このニットキャップもとっても気になってました。)

先日、フェリシモさんの展示会で、噂の螺髪ニットキャップを見せていただく機会がありましたので、がっつり写真撮ってきましたよ~!

お坊さんにも人気らしい!

これが螺髪ニットキャップの実物~~~!!!と、はやる気持ちを抑えて、じっくり見せていただきましたw

ヤバイわ~~~。これはツボすぎます!!!

福耳の部分「耳輪垂成じりんすいじょう)」もしっかり再現。耳の部分は折りたたんでボタンで留められるようになってます。

ボケちゃってすみません。留めたらこんな感じです。

フェリシモのOさんにかぶってもらったら、これがまた似合いすぎで(笑)。

横から見るとこんな感じ。

どうやら、仏像ファンだけでなく、お坊さんの間でも人気らしいんですよ。
頭寒いですもんね。

4色展開!限定色もアリ

螺髪ニットキャップは、4色展開。

・蓮華レッド

・石像グレイ

・作務衣ネイビー

・塑像アイボリー

塑像っていうのは、粘土や石膏で作られた像ってこと。粘土をイメージした色ですね。

さらに!!!

東京国立博物館で、9月13日(火)から12月11日(日)まで開催されている特別企画展「平安の秘仏−滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」とのコラボ限定カラー

・光背マスタード

もミュージアムショップにて販売されています。

仏像が後ろに背負っている光を表した背景、あれが光背です。昔は光り輝くきらびやかなものだったのでしょう。
それをイメージしたゴールドっぽい色です。

フェリシモの通常のコレクションではどのデザイン(色)が来るのがわからないのが楽しみの一つでもあるのですが、この螺髪ニットキャップはジャストワン(1回限り)の注文で、色も選べます。

人気過ぎて品切れ中!11月着の12月コレクションより予約受付中!

現在、螺髪ニットキャップは注文が殺到中につき11月分のコレクションには間に合わず、12月分のコレクション(11月着)の予約を受け付け中です。

そこまで人気とはすごいですねー!!!

気になる方は、お早目に~~~!
ご予約はフェリシモさんのサイトからどうぞ。

予約はこちらから!
 螺髪(らほつ)ニットキャップ:蓮華レッド
 螺髪(らほつ)ニットキャップ:石像グレイ
 螺髪(らほつ)ニットキャップ:作務衣ネイビー
 螺髪(らほつ)ニットキャップ:塑像アイボリー

 

 

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連記事

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.